トロフィー・優勝カップ・メダル・楯など表彰記念品|創業1989年東京都|3万円以上送料無料!全ての商品に名入れ可能!

海外企業向け記念品JAPAN!

近年グローバル化が進むにつれて海外企業とのお取引も多くなりました。
弊社にも毎日のように海外出張へ持って行くお土産や、竣工式に使う記念品、周年記念にお贈りする贈答品などのお問い合わせがございます。
漆器、七宝焼き、江戸切子などの日本の伝統工芸品から、蒔絵楯、感謝状などたくさんの和風記念品をご用意しております。
和風記念品専門サイトはこちら→和風記念品のジャパンプライズ

日本の伝統工芸品

匠の技と伝統 漆器

匠の技と伝統 漆器

漆は東洋特有のもので、日本・中国をはじめベトナム・ミャンマーなどで発達しましたが、中でも日本のものは 世界的に名高く、英語で磁器を"china"と呼ぶのに対して、漆器は"japan"と呼ばれるほどです。
松竹梅と破魔矢を組み合わせた模様が特徴の「会津絵」と牡丹・鳳凰鶴亀・松竹梅の模様を描いた「錦絵」が 漆器の加飾としては有名で漆絵、蒔絵、沈金の技法を用いて表現されます。
古くから守り続けられている伝統の技と進化した技法が織りなす漆器は、日本を代表する記念品として 大変喜ばれます。

伝統の王者 七宝焼き

伝統の王者 七宝焼き

七宝焼きは紀元前の古代エジプトに源流を発してその後ヨーロッパへ伝わり、やがてシルクロードを 経由して日本に伝来した長い歴史を持っています。
その後、悠久の歴史の中で技術が磨き抜かれて今日では日本を代表する伝統工芸品として、 世界に誇れる存在になっています。
金属素地にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付け、銅素地に銀箔を貼り、 ひとつひとつ施釉して焼き上げた銀張七宝は、 陶磁器にはない透明感と、鮮やかな釉薬の下からのぞく、きらきらとした銀の輝きが特徴です。
まさに日本の伝統工芸の王者にふさわしい記念品です。

東京都の伝統工芸品 江戸切子

東京都の伝統工芸品 江戸切子

江戸切子のわが国での製作は天保5年(1834年)に、江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が 金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻したのが初めてと伝えられています。
大正時代から昭和初期にかけて工芸ガラスと言えば「カットグラス」(切子)と言われるほど急速に 高度の発展を遂げ、わが国における大事の全盛時代を迎えました。
そして江戸切子は昭和60年に東京都の伝統工芸品産業に指定、平成14年には国の伝統工芸品にも 指定されるに至りました。
記念品にふさわしい桐箱に入れてお届けします。

貴族の調度品や建築装飾 蒔絵

貴族の調度品や建築装飾 蒔絵

蒔絵は今から1500年位以前の奈良時代に発祥しました。
世界各地には、人類の憧れである『黄金』を使った文化があり 日本では貴族の調度品や建築装飾として『黄金』を『漆』を使って接着させました。
蒔絵という漆芸技法は海外に類例の無い我が国独自のものとされており、 世界に誇れる日本特有の文化であり美術工芸といえるものです。
伝統技法を継承する職人が一つ一つ丁寧に仕上げた蒔絵記念品をお楽しみください。
日本のお土産として海外のお客様に大変喜ばれています。

◆◇◆◇◆ 当店のおすすめトロフィー ◆◇◆◇◆

  • お問い合わせ
  • 法人様お問い合わせ
  • 電子カタログ

カテゴリーから探す

グループから探す

人気アクセスランキング

コンテンツ

運営会社

ジャパンプライズ株式会社

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山4-3-8-1F
本店)http://trophy.japanprize.com
Tel) 03-5384-3081
Fax) 03-5384-3082
Mail) info@japanprize.com

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
             

営業時間:AM9:00〜PM17:00
定休日:毎週土日/祝日

  • 和風記念品専門の姉妹サイト
  • 日本伝統工芸品の姉妹サイト
  • 東京商工会議所
  • 日本国際観光協会