トロフィー・優勝カップ・メダル・楯など表彰記念品|3万円以上送料無料!全ての商品に名入れ可能!創業1989年東京都

トロフィーの歴史

昔のトロフィー

「徽章(きしょう)の歴史」

現在流通している電話帳の職業分類に用いられている「記章」と言う名称は本来「徽章」という文字が当てられていました。その意味するところは「徽」も「記」も「章」もしるしの意味でしたが、「徽」が示すしるしとは騎馬武者が背中に担ぐ「旗印」を指しました。
今日では、必要なしるしを彫刻や色彩で形どり表現した身辺に付ける標識・紙貨類で、メダル・バッジ・ボタン・ペンダント・マーク・プリント・フラッグ・トロフィーなどを包括する名称となりました。
今日では、必要なしるしを彫刻や色彩で形どり表現した身辺につける標識・細貨類で、メダル・バッジ・マーク・プリント・フラッグ・トロフィー等を包括する名称となりました。
「徽章」の技法が取り入れられたのは西暦600年ころまでに遡るとものと考えられます。
隣国の中国や朝鮮半島との交易によりもたらされた金工の知識・技術が進化しながら江戸時代を経て文明開化の明治へと引き継がれたもので、意匠の面からみると紋章を中心に家具調度、衣服、旗、陣幕等が金属工芸の面では刀剣装具、鎧兜、喫煙具、装身具、建築金具等が錺職によって造られてきました。
また、勲章、徽章等は金工師による逸品製作で継続されてきました。
明治のころ東京の徽章屋には多くの有力な企業がありました。
大正初期には徽章屋が東京以外にも横浜、大阪、名古屋などの大都市へと拡がりました。
大正後期になって第一次世界大戦後の好況は装身具業界にも活況をもたらしましたが、永くは保てず、続いて訪れた不況に装身具業界からの徽章業への参入が相次ぎました。
昭和に入ると不景気は進み、勲章は民間では製造できなくなり、造幣局でグリコの景品メダルまで製造したのもこの頃でした。 第二次世界大戦前になると、国家の先行きが風雲急を告げ、徽章業は軍関係と満州国関係の仕事が多くなり活気を取り戻しました。

「戦後の復興から東京オリンピック」

戦後の徽章業界は多くを失った後の旺盛な需要に裏打ちされる購買力に助けられて、復興の足掛かりをつかみました。
バッジ、ブローチ、銀器などが製品の主なものでした。
中でも既製品のスポーツバッジはスポーツ競技の隆盛と共に需要を支える根元となりました。
日本の戦後の復興は目覚ましく、野球だけでなく、進駐軍が持ち込んだボウリングが昭和30年代に爆発的人気を博し、ボウリングブームによるトロフィーの成金業者まで誕生しました。
この様な状況下で昭和39年の東京オリンピックを迎えることになるのです。
東京オリンピックに係る徽章業界結束の母体となったのが全国記章関係組合連絡協議会(2003年以降休会中)です。
五輪マーク使用製品の製造販売のため、全国記章事業推進会が昭和38年発足、記念額、キーホルダー、ブローチ、バッジ、カフス、タイ止めなど22点で売り上げ利益は当時2000万円強を記録しました。
同時に取り扱ったいわゆる公式記念メダルは金2300個、銀32000個、銅83000個に達し、徽章業者が全国組織を活用し、一丸となって統一ある製品を販売できたことは画期的、歴史的な事だと言えます。
その後、大阪万国博覧会、札幌冬季オリンピック、沖縄海洋博覧会、長野冬季オリンピック、FIFA2002ワールドカップなどと国家イベントが続きましたが、業界組織が主体となっての記念品協会形式で出資者を募り、協賛事業が展開され今日にいたっています。
(引用文献:徽章と徽章業の歴史 筆者 山田盛三郎)

カップ・トロフィー・楯・旗の由来

カップの由来

カップの由来

古代ギリシアの哲学者・科学者のアリストテレスの記載にある通り、古くは、敵の頭蓋骨でカップを作り、戦勝を祝う風習から端を発し、後に、これを金銀で飾り、宝石をちりばめるなどして、部族中最高の勇者にそのカップで酒を勧めたと言われています。
又、古代ギリシャの詩人、ホメロスの作品の中にも、火と鍛冶の神「ヴァルカン」が神々を和解させる為にカップを贈ったと言う表現もある事から、カップは古くから限られた人に与えられる貴重品であったことが伺えます。
カップの形状や材質には限りがなく様々であったが、クリスタルは珍重されていた様であり、イスラム教君主カリフ、ハルン=アル=ラシッドが神聖ローマ皇帝シャルルマーニュに贈ったと言われる巨大なカップは、その銀の足に金と七宝の網目模様が施されていました。
ルネッサンス時代には、カップにカットを入れる技術が発達、カップは銀食器同様次第に実用性を失い、奢侈(しゃし)品化していきました。

トロフィーの由来

トロフィーの由来

トロフィーは英雄時代(紀元前16世紀〜13世紀頃のミケーネの頃)、及び古代ギリシャ人(紀元前7世紀〜3世紀)の間では、樫の幹を戦場に立て、それに戦利品、もしくは敵の武器(兜、楯等)を掛けた物を言いました。
トロフィーは、戦勝後直ぐに戦場に立てられ、この習慣はギリシャ人からローマ人へと伝わり、その後、トロフィーを勝者の戦車の前に運ばせ、勝者の栄誉を末永く讃える為、大理石や金属などで作られる様になりました。
ローマ史に現れる最初のトロフィーは、ローマ建国530年にカピトールの丘に立てられた黄金製の物です。
トロフィーは建てられては壊されたりを繰り返しますが、帝政ローマ時代は多数建造され、トラヤヌスや七賢帝(ネルヴァ・トラヤヌス他)の柱を真のトロフィーと捉える事が出来ます。

楯の由来

楯の由来

元々、剣や槍などの攻撃から守る防御具であった楯は、古来「勇気」や「勝利」の象徴と考えられていました。その為、兵士が戦場で楯を奪われる事は最大の恥とされ、古代ローマではその様な兵士を死刑に処したり、ノルマン人は、自分の楯を棺にした事が知られています。
時代が下り、その戦い方により楯の形や用途も多様になり、戦闘の武器から装飾品へと推移して行きます。
ヨーロッパの家紋が出現するのも、12世紀の中頃とされており、イギリスを中心とする家紋の輪郭は楯を模った物であり、現在、イギリスでは楯の表彰製品をplaque(プラーク)、shield(シールド)と呼び、前者は平たい四角い形をした物を呼び、後者は戦いで使用されていた楯を縮小した形状の表彰品を指す場合が多い様です。
アメリカでは、一般的にplaqueを使用しています。

旗の由来

旗の由来

古事記の中で葬儀の模様を描き出した部分に「笛を吹き、はたを立てる」と言った記載に始まり、旗といえば風になびく布製を想像しますが、飛鳥時代に銅版に見事な透し彫りをした仏具としての金銅天蓋大幡・小幡もあり、宗教・儀式に使用される一方、多くの旗はしるしであり、旗じるしという言葉がそれを表現しています。
西洋の旗の始まりは、紀元前ローマの軍旗にあった様ですが、金属製の鷲章でした。一方、ペルシャ詩史(紀元前500年頃)には、当時専政君主の暴政に悩んだ鍛冶工カウェが反抗して立ち上り、仕事着の犬革の前垂れを竿の端に吊るして、ペルシャ保護の旗じるしとして用いたと記されており、以降、A.D.1100年代のキリスト教徒と回教徒が戦った十字軍戦争を皮切りに旗の認識が深まりました。
日本の国旗「日の丸」に関しては、文武天皇の大宝元年(A.D.701年)に天皇が日を形どった旗を用いた、と続日本書記に記されています。
戦国時代、武田信玄・豊臣秀吉らは日の丸を旗印とし、江戸幕府に至っては、幕末1865年老中阿部正弘により、異国船から識別する為に「白地日の丸印」を日本総船印とする命が下され、後の明治三年(1870年)に日章旗が正式に国旗として太政官布告で制定されました。

人気のカテゴリー

  • オリジナルトロフィー

    オリジナルトロフィー

    クリスタルトロフィーに3つの加工方法でレイアウト、デザインも自由自在!
    数量や内容に合わせて最適な加工方法をご提案差し上げます。

  • オリジナル表彰楯

    オリジナル表彰楯

    人気の2Dレーザー彫刻加工でオリジナルデザインの表彰楯が製作可能です!
    オンリーワンの表彰楯をお考えの方はこちらがお勧めです。

  • オリジナルカラー楯

    オリジナルカラー楯

    36種類のグラフィックプレートからお好きなデザインをお選びいただけます。
    スタイリッシュなデザインから和風のものまでお任せ下さい!

  • オリジナル表彰プレート

    オリジナル表彰プレート

    真鍮、アルマイトプレートの素材本来の特質を活かし、重厚感のある本格的な表彰楯を製作したい方にお勧めです。

  • クリスタルトロフィー

    クリスタルトロフィー

    どんなスタイルにもマッチするシンプルさと現代的な雰囲気が、クリアガラスのなせる技。
    人それぞれの喜びを「深く味わえる」ようにをコンセプトに。

  • スタンダードトロフィー

    スタンダードトロフィー

    サッカー、野球など人形多数!ソリッド感覚あふれるパーツの組み合わせが斬新でモダンなデザインの中に、 ずっしりとした高級感を醸し出します。

  • スタンダードカップ

    スタンダードカップ

    シンプルな優雅さの中に、極上を漂わせる特別な品々。
    時が経つほどに円熟味が増す銀製品は、古くから聖なる力を持つと伝えられています。

  • スタンダード楯

    スタンダード楯

    豪華さにこだわった究極の楯。
    笑顔の記憶が刻まれたレリーフは、未来へのさらなる原動力になります。

  • クリスタルメダル

    クリスタルメダル

    胸に輝き続けるダイヤカットの側面が浮き立つシンプルなデザインに2Dレーザー彫刻でガラス内部に加工。
    高級感のある化粧ケース入りです。

  • 女性向けトロフィー

    女性向けトロフィー

    ジュエリーのような煌めきで身に着けたくなる、そばに置きたくなるデザイン。
    確かなクオリティと輝きで、今までにない表彰のスタイルを。

  • 和風表彰楯

    和風表彰楯

     グローバル企業の海外提携や、学校法人の姉妹校国際交流を記念して英語感謝状を古典的な和柄のあしらいに真心こめてお贈りします。

  • 社章

    社章

    徽章。それは組織を語るもう一つの顔。
    企業や集団のステイタスを更に高めます。

  • お問い合わせ
  • 法人様お問い合わせ
  • 電子カタログ

カテゴリーから探す

グループから探す

人気アクセスランキング

コンテンツ

運営会社

ジャパンプライズ株式会社

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山5-25-8 下山ビル3F
Tel) 03-5384-3081
Fax) 03-5384-3082
Mail) info@japanprize.com

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             

営業時間:AM9:00〜PM17:00
定休日:毎週土日/祝日

  • 和風記念品
  • 日本伝統工芸品
  • ピンバッジ
  • 東京商工会議所
  • かけっこチャレンジ